Clamo

somewhere I can see the stars

わたしを理解してください☟

古いもの、愛着のあるもの

 古いもの、愛着のあるものに蟹座はしがみつきます。 古いコップ、昔の恋人、以前住んでいた家、思い出、 伝統・・・ あなたは安心感を何よりも強く求め、そ れが過去への執着として表われることが多いのです。 それはセンチメンタルな欲求であり、具体的な何かを 期待しているわけではありません。何も手放したくな い性質の裏には、12星座の中でも特に傷つきやすい、 繊細な心が隠れています。蟹座は、一見保守的で落ち 着いて見えます。しかし月を支配星に持つため、その 心はいつも潮の干満のように、気分、欲望、夢、怖れ、 直感といったもろもろの感情の波に洗われているので す。

 

 

秘かな夢とイマジネーション

 蟹座が「保守的」な星座であることは間違いありませ ん。つまり、守ることに関してはあなたの右に出る者 はなかなかいません。そして、貯金通帳や生命保険、 昔の写真や家族の伝統といった「モノ」にこだわるこ とによって、繊細でクリエイティブな内面を守ろうと しています。中には、目に見えないものは一切信じな いという、極端な合理主義で身を守っている蟹座もい ます。

蟹座は一見そうは見えなくても、実は直感や感覚に頼 って生きています。しかし、そんなあなたの本質に気 付く人はあまりいません。もしかしたらあなた自身に もあまり自覚はないのかもしれません。しかし、月の フェーズが変わる時には、潮が満ちるように秘かな夢 やイマジネーションが顔を出すことがあるはずです。

 

 
欲しいものに真っすぐ向かうタイプ...ではない

伝統的に蟹座は「家庭的」な星座だと言われています。 しかし、だからと言って蟹座がみんな自分の家庭を欲 しがるわけでも、そうしなければならないわけでもあ りません。但し、過去からの継続性を実感できる環境 は、すべての蟹座にとってとても大切です。大地にし っかり根を下ろし、帰るところがあると安心できては じめて、豊かな直感やイマジネーションを活かすこと もできるのです。あなたは、欲しいものにまっすぐ向 かうタイプではありません。いつも遠まわしに、遠回 りに目標に近づいて行きます。「まさか、そんなのど うでもいいよ」と興味のないそぶりを装いながら・・・ しかし、一旦手にしたものは絶対に放しません。

 

 

 

 

 

コピペ大会でしたが...こちらより引用💁

www.astro.com