Clamo

somewhere I can see the stars

お腹いっぱいになるのは好きじゃない

 

 

 

食事において、お腹いっぱい食べることは好きじゃない。胃酸が逆流しそうになるので。腹八分目までとはよく言ったものだ。それと同じように心もいっぱいになるのはしんどい。素敵な映画や本に出会うことは嬉しいが、毎日毎日それに向き合うのはエネルギーが必要になる。わたしにはそんな有り余ったエネルギーはない。だから、NHKのドラマなんかは、おもしろいものが多いけど、それらを受けとめるには重すぎる。だいたい6日に一個が限界かな。胃酸が逆流しそうになるのと同じように、胸がいっぱいになって、それどころか溢れ返ってしまいそうになるのだ。溢れてしまうとコップに戻すのが大変なんだ、わたしは。だから待ったをかけないといけないのだ。今のお気に入りは『この声をきみに』。ちなみに音楽についても言うと、アリアナの曲は聴いていてしんどくなることもある。これは、内容が重く、受けとめるにはしんどいということではなくて、音楽性とサウンドがうるさいのだ。これが、朝や昼の元気なときなら心地よいのだが、静かに落ち着きたいときは、エド・シーランのThinking Out Loud とか、テイラー・スウィフトの初期の曲、たとえば Invisible とかがいい。(エド・シーランの上記の曲は、相手に話しかけているようなシンプルな歌詞とサウンド、彼の声が素敵だ。テイラーの最近のポップスももちろん好きだけど、彼女の声は、やはりカントリーのほうが合うと思う。   アリアナは声帯を閉めた声で、声量も大きいから、全体的にサウンドがうるさくて、主張が強いと感じる。もちろん上手なんだけど、素朴ではないんだよね。)なんでも腹八分目まで。

 

 

追記   だからお金に溺れてる一部の政治家のみなさん、ほどほどにね。自分を客観視しろ、このクソ野郎、アホ、ボケ。別にさあ、この国を良くしようとか考えなくてもいいから、やらなきゃいけないことをやって。何のためにこっちは税金払ってんだよ。賢い頭、持ってんだろ?ほんっとにいい加減にしてほしいわ。