Clamo

somewhere I can see the stars

告白をすることは自分を信頼するということだ。

好きな人に告白をするということは、すなわち自分を信じるということだ。
自分の気持ちや感性を信じることだ。

まず、その人を好きだという自分の気持ちを信頼しなければ恋は始まらない。
「なんだかあの人が気になるけれど、きっと気のせいだろう、勘違いだ。」
「わたしに恋なんて無理だ。わたしにあの人は釣り合わないだろう。」
「わたしがあんな人を好き?何かの間違いだろう。」
「今は、恋愛などしている場合ではない。」
いずれも、自分の中に芽生えた小さな息吹を無視している。
もちろん、どちらを選択するかは自分次第だ。
しかし、恋は、自分を信頼することから始まるのだ。
自分を信頼しなければ、結局、芽生えたそれは踏み潰されることになってしまう。

そしてもし、自分の「好き」を信頼できれば次に待つのは、相手に気持ちを伝えるという段階だ。
きっとわたしの気持ちを受け止めてくれるだろうという相手に対する信頼(受け止めるというのは、もちろん、相手の返事がオーケーだというわけではない)。

好きな人に告白をすることは、自分に対する信頼と相手に対する信頼の両方がなければできないのだと思う。

Remove all ads

「誰かの為」なんてものは存在しない


「誰かのために何かをする」
ということは本当の意味では存在しない。
誰かの為 というのは結局は 自分の為 だ。
たとえば、大好きな彼を助けたい。助けて彼をラクにしてあげて、彼の笑顔や喜んだ顔、安堵した顔を『わたしが』見たい。つまりは自分の為なのだ。
子に無償の愛を与える親。自分の子がかわいいのは、ほとんどの人に当てはまることだ。その子の かわいい笑顔やかわいい喜んだ顔を『わたしが』見たいのだ。

誰かを助けるという慈善活動。誰かを助け、他人の役に立つことができたと感じると、『自分の』存在意義を感じる。
結局は自分のためなのだ。

本当の意味で「誰かの為にすること」はない。
当然のことだ。誰も自分のやりたくないことをしたくない。もっと分かりやすく言えば、人は所詮は動物だから、自分のシタイコトしかしない。嫌なことを進んでする生き物などいない。
ヒトが行動を起こすのは、そこに何かしら自分の『タメになること』があるからだ。
自分にとって『善』となることがあるからだ。

もちろん、誰かのためにこれをしたいんだという気持ちを抱くことはゲスいことだなどと言いたいわけではない。
しかし、「誰かの為」というのを誤解して認識していると、どこかしらで亀裂が生じるものだ。相手に対しての場合もあるし、自分自身が苦しむこともある。
だから、「誰かの為」というのは本当の意味では「自分のため」・「自分がしたいからしているんだ」という認識は、意識の根底で持っているべきだと、わたしは思う。

Remove all ads

フィーリング True Love


音楽を聴くと 心は決まるのに
自分で言葉にすると、全く意味をなさなくなってしまった。
この不思議な感覚は何なのか。
言葉では説明できない。
でも、分かるの。
わたしはいつだって自分の直感を信じたいの。
もう、誰にも邪魔させないわ。
わたしだけの世界なのよ。


またあなたに伝えられなかった、
本当は伝えたくないのかも
だってすごく緊張するから、心がソワソワ、落ち着かず、
じっとしてられない、
同じ場所を行ったり来たりし続けなきゃいけないの、
でも、時間を間違えてしまった、あーあ。
あなたに会えず、また明日に持ち越された。
また、明日も同じことをしてしまうの?
そんなの嫌。早く伝えたくて伝えたくてしょうがないのに、
またおあずけ?
そんなの嫌なの。
きれいな言葉で片付けないで、あなたの主観でいいから、ちゃんと、アナタノコトバで話して、全部聞くわ。一言たりとも逃さずに聞くから。
大丈夫。
あなたが大事にしてるものを全部見せて、全部受け止めるわ。
もう惑わされないで。
あなただけのモノなんだから。
あなたが好き。好き。
ただそれだけ。
わたしを彼女にしてほしい。
わたしのあれを触ってほしい。
全部見せる。何度も想像したわ。もう準備できてるはずなのに、全然準備できてない。
ゆっくり計画的になろうとすればするほど、全然ダメになっちゃう。全てが崩れてしまう。なぜ?なぜなの。
何かハプニングが起きれば、その反動で伝えられるかしら。

やりたいことは分かってるはず。
もう幾度ともなく心に決めたはず。
なぜ
なぜ
なぜ

好き、彼女にしてほしい、あなたの彼女になりたい、
友だちから始めたい、彼女はいますか?結婚はされてますか?好きな人はいますか?気になっている人はいますか?
わたしは候補になれないですか?
わたしを好きになれそうですか?
連絡先を交換できますか?
今度、一緒にご飯食べに行きませんか?
映画を観に行きませんか?
和食の気分ですか?、洋食の気分ですか?
趣味は?
たとえば、最近のドラマだと、どれが好みですか?
ゲームとか、よくしますか?
家にいるときは何をしていることが多いですか?
ゴロゴロしていますか?






ねえ、もう決まってるはずなのに。
一歩を出してよ。
踏み出してよ、足を。ねえ。
走って追いかけてよ、待って!って声を出しなよ、わたし。ねえ、なんで。

Remove all ads

Hi!!!!!!

Hi my name is Clamo.
You can call me Clamo!
I'm 19.
I enjoy exposing to a lot of kind of arts🎭 ,watching movies🎥 ,and listening to music 🎶 .
Especially I love Ariana grande and Taylor swift. ❤️
I love study English because English sounds so appealing to my ear.
I'm from Japan 🇯🇵.
But my mom is a Philipino 🇵🇭.
So I'm a half Japanese,half Philipino.






🤔🤥合ってるかしら??

Remove all ads

あんたのそういうとこが嫌い。

わたしには分からない。
わたしが間違っているのだろう。
あんたの世界では自分が正しく、わたしは間違っているのだろう。
だから大きな声で萎縮させ、物音を立てる仕草で威圧するのだろう。
わたしにはあんたの言っていることがわからない。
あんたの言葉の不足のためだ。
わたしは精一杯、言外の意味を探っているのだ。
それでも分からないのは、あんたの努力の不足が原因だ。

自分を振り返っても、わたしが間違っているとは、思えないのだ。
きちんと、丁寧に説明してくれ。

汲み取れと、突き放すのではなく、わたしが歩み寄れるように、言葉を足してくれ。
わたしは、あんたの威圧的な態度で、どれだけ傷つかなければいけないのだ。



子供のころから、今までずっと。

どれだけあんたの機嫌をうかがわなければいけないのだ。


あんたは自分の気持ちは優先するのに、わたしの気持ちは無視する。

自分の価値観に沿わぬことがあったから、中断したのではなく、元々めんどくせーなあと思っていたから、今回の出来事を理由にして、中断したのではないか?


わたしにはそう思えてならない。



とにかく、わたしはあんたが嫌いだ。

Remove all ads